48時間と1か月のイメージ

基本情報技術者試験に48時間で合格するための勉強法

こんにちは!株式会社マスヤプラスの松本です。
 情報処理技術者試験の全試験区分の中で最も受験者数の多い基本情報技術者試験。この記事では仕事やプライベートで忙しく思うように勉強できない方に向けて、最短48時間で合格レベルまでもっていく勉強法をご紹介します。48時間は日数で言えば丸2日ですが、1日2時間の勉強で1か月弱、1日1時間半であれば1か月強とお考えいただければよろしいかと思います。勉強法は、午前試験・午後試験に分けてお伝えいたします。

午前と午後の時間配分

 まずは午前と午後の勉強時間の配分ですが、午前の勉強にウェイトを置きたいので午前はおおよそ30時間、残り18時間程度を午後の勉強にあてることを想定しております。その理由は、基本情報技術者試験で必要となる知識はあくまで午前試験の知識がベースとなるので、そのベースがないと結局午後問題を解答することも難しくなり、合格に必要な最低限の知識を習得することができないからです。

午前試験の勉強法

テキスト学習に終始

 午前試験の勉強法のポイントは2つあります。1つめは、過去問題には手を付けずテキストの学習のみに終始することです。時間がある場合の定石は、テキストの内容を習得した後に過去問題も数多く解くことですが、時間が限られる中での優先順位は、過去問題より用語の知識を覚えることになります。その理由は、過去問題を優先してしまうと午後の試験に必要な知識が断片的となってしまい、午後の回答率にも少なからず影響を与えてしまうためです。午前試験では、過去問題から出題される割合はおおよそ4割~5割です。割合的にはかなり多い印象ですが、逆に言えば新しい問題が5割~6割出題されるため、過去問題を完璧に記憶しても合格レベルの6割には届きません。30時間という短い期間ではテキストを2周程度が限界かと思われます。新しい問題にも対応できるよう、そこでテキストの内容をできる限り記憶することが短い期間で合格するためのキーポイントとなります。

苦手な分野の一部を飛ばして学習

 もう1つのポイントは、苦手だな、頭に入ってこないなと思う分野は飛ばしてもよいということです。試験要綱にもあるように、基本情報技術者試験は非常に広範囲に出題されるため、たいていの方はどこかしらの分類で苦手な分野が出てきます。合格はあくまで60点以上なので、一部の分野をカットしても合格レベルに到達させることは十分可能です。苦手な分野ではその苦手意識が記憶の効率化を大きく阻害します。その時間的資源を苦手でない分野に振り分けてより記憶を安定的なものにした方がむしろ合格率は上がります。
ただし、『セキュリティ』と『ネットワーク』の分野は午後の試験でほぼ確実に出題されることとなるので、苦手でも我慢して勉強する必要があります。

午後試験の勉強法

過去問題をひたすら解く

 午後試験の勉強法でもポイントは2つあります。1つ目は、午前とは逆でテキストは買わずに過去問題だけをひたすら解くことです。午後問題のテキストは過去問題の解説に終始しているので、IPAのサイトから取得した過去問題を解き解答を見て自分の中で正解のロジック・理由を納得できれば十分です。18時間ほどであれば、採点や解答のチェックなども含め過去3回~4回分はできるはずなので、そのくらいやれば十分ではないにしろどうにか合格レベルまでは持っていけます。なお、アルゴリズムが鬼門の方は多いと思いますので、そういった方は他の問題を削ってアルゴリズムに振り分ける方法もアリかと思います。

選択問題を2分野に絞る

 2つめのポイントは、選択問題は全てに手を付けず2分野に絞るということです。必須問題である情報セキュリティとアルゴリズム、およびプログラム言語の問題は配点も高いので優先的に学習する必要があります。一方、選択問題は配点がそれらに比べて低いので、ピンポイントに絞ってもさほど大きな影響はありません。また、2つの分野に絞ることは前述した午前試験の勉強で苦手な分野を飛ばすというところにも関わってきておりますので、午前で飛ばした分野があれば、午後もその分野が含まれる選択問題を避けることをおすすめします。

まとめ

 以上、48時間で基本情報技術者試験に合格するための勉強法をお伝えしました。当然48時間という短い時間ではかなりの制約があり合格できる十分な勉強はできません。よくネットやYouTubeなどで「数時間の勉強で合格した!」的な内容の記事を見かけますが、それは単なる嘘か自頭が極端に良い人なので、恐らくは48時間が最低レベルとなります。ちなみにこの「48時間」は分かりやすい数字にしているだけですので、当然のことながら、できる限りそれ以上の時間を確保する努力も必要となることを忘れてはなりません。

このページの内容はYouTubeの動画としても公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください。


情報処理技術者試験7つの即効合格術をおすすめするビジネスウーマン

【動画配信サービス】
情報処理技術者試験7つの即効合格術

好評の『情報処理技術者試験 7つの即効合格術』のセミナーを、内容はそのままに、コンパクトに60分でまとめてオンライン動画配信でご提供

情報処理技術者試験7つの即効合格術をおすすめするビジネスウーマン

情報処理技術者試験7つの即効合格術
基本情報技術者試験・応用情報技術者試験・各種高度試験など情報処理技術者試験の合格率を大幅にアップさせるセミナー『情報処理技術者試験7つの即効合格術~iパスから高度試験まで使える最強メソッド~』

情報処理技術者試験に合格して親指を立てるビジネスパーソン

情報処理技術者試験 即効合格講座
すべての受験レベルの資格を持つプロの講師が、企業の従業員に情報処理技術者試験の合格術をご提供する法人向けサービス『情報処理技術者試験 即効合格講座』

情報処理技術者試験の合格コンサルティングを検討する女性

情報処理技術者試験合格サポートサービス
すべての受験レベルの資格を持つプロのコンサルタントが、情報処理技術者試験に特化した個人向けコンサルティングで合格をサポートする『情報処理技術者試験合格サポートサービス』

情報処理技術者試験の受験票とパワハラを解消した男性

マンツーマン講習
特定の時間に合わせられないビジネスパーソン向けに、情報処理技術者試験即効合格術やパワハラ被害脱出メソッドなど、個人向けの集合セミナーを好きな時間に受講できる1対1のサービス『マンツーマン講習』