「情報処理技術者試験7つの即効合格術」ってなに?

業界で唯一、合格を極限にまで追求した方法論(=メソッド)をご提供するセミナーです。

効果的な勉強方法から即効性の高い本番対策まで、試験に関わるすべてのステップを網羅。

基本情報技術者・応用情報技術者・各種高度試験といった上位レベルの試験区分で特に高い効果を発揮します。

      選べる4種類の受講方法   詳しく ≫

※ セミナーの基本的な内容は同じです

受験を控えるあなた!
もしかして今、こんな状態になってません?

もしそのような状態で試験本番に臨んだ場合、残念ながらかなりの確率で不合格となってしまいます。しかも、ある程度勉強はしているので、得点率2~3割などという絶望的な数字ではなく、あと2~3点取れれば合格という悔やんでも悔やみきれないパターンです。しかし、120分ほどの時間と3,000円~4,000円の費用があれば、何百時間勉強しても知ることができない不合格を回避する手立てがあります

あと数点のところで痛恨の不合格!
その理由とは?

午前も午後も、上位クラスの試験ではおおむね4人に1人以上が10点以内の差(50点台)で不合格となっています。その理由は次の3つに集約できます。
 ① そもそも必要な勉強が足りなかった
 ② 試験本番に向けた事前準備を怠った
 ③ 合格するための戦術を知らなかった

①の理由で不合格となるのは当然ですが、50点台で不合格となる人はそれなりに勉強をしているはずです。そのため、②・③の対策、つまり入念に準備をし、得点するためのコツ(=戦術)を知っていれば、5~6点は簡単に上乗せできます。そして、合格の可能性が少なくとも30%以上はアップしたと思われます。

あなたに究極の“戦術”をご提供します

世にある多くの専門講座は、まず例外なく、試験に必要な専門用語や過去問題の解答方法を教えますが、当セミナーにはそのような内容は一切含まれません。専門講座にしても独学にしても、試験勉強はあなたの思う方法でおこなってください。当セミナーは、あなたの学習効果を最大化し、試験本番で勝てる“戦術”に特化したメソッドをご提供します。そのため、一部に問題の演習を含む他社の1日講座ではありえない、圧倒的なコスパとタイパを実現しています。

特別対応となるマンツーマン講習は除く

<戦術の一例>

知名度ゼロの会社が運営するセミナー
なのに10人中9人近い受講者が満足するワケ

とはいえ、あなたは恐らく「こんな眉唾なセミナーで本当に合格できるの?」とお思いでしょう。セミナーを主催する株式会社マスヤプラスは、知名度ゼロ、講師は代表取締役1人の超零細企業。そんな会社が主催するセミナーです。無理もありません。それでも、たまたま検索や広告でサイトを訪れ、セミナーに興味を持って受講してくださった方がいます。そして、受講者からのアンケートを集計した結果、およそ88%の満足度(※)を獲得しております。なぜか?ヒアリングやアンケートのコメントから以下の3つに集約できます。

➊ 私にはこのメソッドが使えそう!

“7つの合格術”はあくまで大きなくくり。その中には、様々なシチュエーションで使える小メソッドがたくさん

➋ え⁉こんな方法もあったの?

ネットのネタレベルとは一線を画する情報。そこには、このセミナーでしか知ることができないオンリーワンのメソッド

➌ モヤモヤした不安もこれで解消!

いつものカフェにはない本試験独特の空気。緊張や焦りからくる漠然とした不安も、心理的要因を考慮したメソッドで完全払拭
(※) 満足度の数値は、セミナー終了後に受講者から回答いただいたアンケートの評価(5段階)で、「満足」・「やや満足」の割合を集計したものです。なお、満足できなかったご意見のほとんどは「具体的な予想問題を提供してくれると思った」、「(試験勉強をせず)このセミナーだけで合格できるものだと思った」など当セミナーへの誤解によるものでした。

自信満々でも試験ではこんなことが起こる!
そのとき、あなたならどうする?

フタを開けると聞きなれない用語や初見の問題連発!どうする?

午前試験はどの試験区分もその時々で差はあれど、おおよそ4割~5割程度は過去問題から出題されるため、ネットの情報や一部の受験者からは「過去問題さえ覚えておけば午前は楽勝」という意見さえ聞かれます。ただ、いくら過去問題を覚えてもそれだけでは合格基準の6割に到達することはできません。さらに言えば、CBT・IBT試験の導入により最新の過去問題を取得できる手段が不透明になってきている中、“過去問題偏重の時代”は終焉へと向かい、テキストを使って規定の出題範囲をしっかりと勉強した人が合格する“本来の実力が問われる時代”となりつつあるのです。午前試験で不合格となってしまった受験者の声を聞くと、そのほとんどは「見たことのない問題が多くて…」という後悔の念を口にします。それは、過去問題に偏りすぎてそもそも基礎的な学習が不足していたという根本的な原因に加え、“未知の問題でも的確に対処できる術”を知らなかったということも理由のひとつに挙げられます。
当セミナーでは、そんな未知の問題でも的確に対処できる『午前試験の戦術』をご提供します。そこには、情報処理技術者試験特有の学習法、専門用語や略語を効率的に覚えるための記憶術、計算問題・文章問題の解答で押さえておくべきポイントなど、足元を掬われがちな午前試験を確実にパスするためのメソッドを多数ご用意しております。

受講方法を見てみる ≫

気が付くと残り時間は10分!どうする?

午後試験は時間との勝負です。問題を見ずに選択肢の解答ができるという、ネットにはびこる小手先の時短テクニックに対し、とあるベテラン講師は「こんな邪道なことはせずにしっかり勉強して実力を付け正攻法で解答しましょう」と警鐘を鳴らしておりました。確かに正論です。ただ一方で、年配のベテラン講師は実試験からは遠ざかっている方が多いため、得てして試験本番の切迫した状況を知りません。残り10分の状況でその正攻法で挑んだ場合、恐らくは問題文を読んでロジックを理解した瞬間に終わってしまうか、かろうじて設問1つを解答するのが関の山です。当社が応用情報技術者試験の受験者へ独自にヒアリングをした結果「時間が足りなかった」という回答が「時間に余裕があった」という回答の2倍以上にも昇りました。各問題を想定時間通りに解答することが理想ではありますが、最後の問題が残り10分でまともに解答できなかった、といった状況は決してレアなケースではなく誰にでも起こりうるリスクなのです。
当セミナーでは、そもそも時間に切迫された状況に陥らないための対策に加え、不幸にもそのような状況に陥ってしまった際の『根拠ある超速解答法』もバッチリご提供します。現場の切迫した状況を痛いほど知る講師から生み出された、ネットでは知ることができないオンリーワンのメソッドがここにはあります。

受講方法を見てみる ≫

問題をいったりきたりも一向に決まらず焦りが増幅!どうする?

上位の試験区分では午後試験に選択式の問題が含まれますが、どの問題を選択するかは合否を左右する非常に大きな要因のひとつです。にもかかわらず、受験者にヒアリングをすると”選択問題の対策”をしていても”問題選択の対策”は驚くほど意識していないことが分かりました。パッと見簡単そうなので選んだら想定外に難しかった、事前に決め打ちしていた問題がことごとく難問だった、なんてことは普通に起こりうる話です。その根本的な対策はすべての範囲を満遍なく学習することに尽きますが、現実問題として、時間的な制約や苦手な分野があるといった理由で完璧でない状態で試験本番に臨む受験者は少なくありません。しかも、出題される分野とは別に、問題のテーマ・背景によっても個々の経験や知識の有無で難易度は大きく変わっていきます。
当セミナーでは、運による要素を可能な限り排除し、正答率の高い問題を素早く的確に選択できる『選択最適化メソッド』をご提供します。なんとなく重要とは分かっていても、今まで誰も具体化しなかった選択問題のベストな選択方法を確立させた当セミナーを受講することで、選択のロスタイムを最小限に抑え、本来の「問題を解くための時間」を最大限に確保する方法を身に付けてください。

受講方法を見てみる ≫

イレギュラー連発で大苦戦!どうする?

それなりの受講料を払って情報処理技術者試験の専門講座を受講する人、費用を抑えるため数百時間かけて独学で頑張る人。どのような学習方法であれ、共通する部分はあります。例えば午後の試験。王道は過去問題を数多くこなすこと。しかし、午後は過去問題がそのまま出題されることはないため、不幸にも出題の巡り合わせが悪く、過去問題にはないイレギュラーな出題パターンやアルゴリズムに直面してしまうということが、しかもかなりの高確率で起こりえます。結果、それが致命傷となり不合格。それは、どんな講座を受講しても、どんなテキストを使っても免れないリスクです。ではそのような状況に陥ったとき、いったどのように対処すればよいのでしょうか?個人差はあれど、イレギュラーに直面した受験者の多くは正常な思考が困難となり、せっかく身に付けた午後試験のパターンはその瞬間に崩壊してしまいます。
数多くの受験経験を持つ当セミナーの講師は、そのようなイレギュラーに直面した際の対処方法を知っています。他の講座では絶対に知ることができない、様々なイレギュラーに対応できるメソッドを提供できるのも当セミナーの大きな特徴のひとつ。少しでも不安があるのなら、7つのメソッドがあなたの不安を払拭し、合格へ大きく近づけることができるでしょう。

受講方法を見てみる ≫

セミナー概要(構成図)

特におすすめな試験区分

講師ご紹介

まつもと ひろたか 

松本 裕孝

株式会社マスヤプラス 代表取締役

経済産業大臣認定 ITストラテジスト

(他、情報処理技術者試験全レベルの資格を保有)

プロフィール
金融系の情報システム会社に14年半勤務後、独立し株式会社マスヤプラスを設立。高度試験合格の実績を上げた独自メソッドや豊富な受験経験を多くの人に伝えるため、広く情報処理技術者試験で活用できるセミナーを開催している。一方、セミナーとは別に情報処理技術者試験に関するYouTubeの動画配信も好評で、今までに1,000人以上を合格へと導いている。
統計や確率論をベースとしたロジカルな思考を重視する一方、セミナー中に時折入る雑談やおふざけ発言、方言が入り混じった話し方など、実際に話してみるとイメージが違うと語る人も多い。

受験予定の方へ【代表メッセージ】

当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございます。当社は少数のスタッフで運営する零細企業ですが、大手にはないニッチなメソッドをご提供しております。

私自身、何の戦略も持たずただただテキストを使った座学で不合格を繰り返していた中、一度セオリーから離れ「合格するためのロジック」という観点でゼロからメソッドを練り上げ、それを使ってITストラテジストに合格できた実績があります。そのメソッドを万人が使える形として整備・汎用化し、商品としてご提供しているのがこの「情報処理技術者試験7つの即効合格術」のセミナーとなります。そして、1回限りのセミナーにも関わらず、多くの受講者から自発的に合格のご報告をいただいております。

皆様も、ただ闇雲に勉強するだけでは知り得ない「新たな気付き」を活用し、情報処理技術者試験の合格を目指しましょう!

YouTubeチャンネルのご案内

当社代表はYouTubeでも情報処理技術者試験に関するお役立ち情報を発信。ときどきバカみたいな動画もアップしますが、視聴者のコメントでは概ね好評いただいております。

試験のお役立ち動画の一例

セミナー紹介動画

セミナー受講者の声

30代男性

項目が多角的で偏っていなため、計算が得意な人、暗記が得意な人、文系・理系問わ様々なタイプの人が受講できる内容でした。

20代女性

情報処理技術者試験以外にも使えそうなメソッドがあり、今後も役立ちそう。他の資格を受験する際に参考にさせてもらう。

30代男性

経験談、過去問題など具体例が多くて納得しやすく、説得力がありました。

30代男性

合格の確率を少しでも上げるための手段、ありがとうございました。自分の仮説の検証もできました。

30代女性

セミナーの途中でトラブル(地震)があったとき、冗談を言って受講者を安心させた講師の対応が良かったと思います。最後の「本番でやらかさないための心得」も、くだらないようで経験者しか分からない内容で参考になりました。

50代男性

使えるメソッドがあったように思います。試験勉強では、英略語の覚え方や過去問と講評を活用します。本試験では、午後のパターンBと10分前の過ごし方を活用したいです。ただ、もう少し時間を長めにしても良かったかと思います。

30代男性

分からない問題でも正解を類推できるメソッドを知ることができたので良かった。プラス5点は間違いなく上乗せできる気がした。

20代女性

思った通り、聞きたい内容(午前の計算問題の対処法、午後の問題の選択)が聞けたのでとても良かったです。

50代男性

心得的なメソッドが確認できたのが良かった。まずは2択に絞るということが非常に納得できた。

40代男性

自分の気付いていない視点がセミナーに含まれていて有意義な時間を過ごせました。資料のページ数が開始前は多いと思いましたが、終わってみると妥当でした。

上記を含む受講者の感想が書かれたアンケートのイメージデータを参照できます。内容はこちら

受講方法【4種類】

受講手続きは1分!煩わしいユーザ登録ありません

あなたのTPOに合わせてお選びください

オンライン生配信

d8863322195bc0ea21ed37b10cc325e4.jpg

SkypeやZoomなどのビデオ会議ツールを利用したオンラインセミナー。自宅で気軽に受講できます。

受講料:¥4,000 (税込)

(受講時間:約120分)

動画配信

cd62d9790c385477692471fb629863c3.jpg

録画されたセミナーの動画をストリーミング形式で視聴。時間や場所を問わず自由に受講できます。

受講料:¥3,000 (税込)

(受講時間:約100分)

対面セミナー

ac4fea32aab32851e8a89a307168c03c.jpg

会議室を使った対面集合形式のセミナー。リアルな講義で集中力を高められ、都度質問も可能です。

受講料:¥4,000 (税込)

(受講時間:約120分)

マンツーマン講習

5afe364f6ecb3650b7240efeb1780892.jpg

1対1形式の個別講習。定型的な内容と併せて、受講者に最適な合格コンサルティングも可能です。

受講料:¥10,000 (税込)

(受講時間:120分より)

※ セミナーの内容は基本的に同一です。受講方法により紙またはPDF形式のレジュメをご提供いたします。

よくあるご質問

正直にお話しますと、まったく試験勉強をせずに当セミナーを受講しただけではどの試験区分でもほぼ合格することはできません。あくまで別途試験の勉強をしている、あるいはその予定であるという前提で、学習効果の最適化、解答時間の短縮、ミスの要因を排除、心理的不安の解消といった補助的な効果で得点アップを狙うセミナーとお考え下さい。イオナズンではなくバイキルトです。

ほとんどの試験区分では、午前の試験は暗記力が問われる短文の4択、午後の試験は読解力や計算力が問われる中・長文問題で共通しており、当セミナーはそれらに対応した勉強法や解答テクニックをご提供しているためです。さらには、心理的要因や試験本番の環境といった試験区分に左右されない要素にまで踏み込んでいる点も大きな理由として挙げられます。

なお、セミナーで使用する例題の多くが基本情報技術者試験と応用情報技術者試験から引用しているため、特にその2つの試験区分では有効かと思われます。

いずれの形式も基本的な内容と使用するレジュメは同一です。ただ、リアルタイムで行うセミナーではレジュメにはない内容やタイムリーな情報をお話することがあるので、それが試験で役に立つケースがあるかもしれません。

当社は小規模・少人数で運営しているため基本的に講師は代表1人が担当しておりますが、受講者のアンケートでは概ね好評をいただいております。ただ、当然個人差はありますので、まずは当サイトに掲載している講師のプロフィールYouTube動画をご覧いただき、そこである程度のご判断をいただければ幸いです。

動画配信以外はすべて予約制となっております。予約フォーム・問合せフォーム・メールのいずれかから受講希望のご連絡をいただき、当社からの予約完了メールをもって参加が可能となります。お電話での予約も可能ですが、その際は当社の担当が予約成立をお伝えしてお電話を切った時点で予約完了となります。特にセミナー開始直前の場合はお電話でのご連絡をお願いします。

開催場所はその時のセミナーによって異なりますが、おもに東京都心やその周辺でアクセスの良い場所を選定しております。詳しくは対面セミナーの詳細ページをご覧ください。

参加人数は会場のキャパシティに応じて上限を設けております。通常は5人~10人程度となり、最少催行人数は3人としております。

Web形式のセミナー(オンライン生配信・動画配信)では、クレジットカード(VISA・Master・アメックス・JCB)、銀行振込のほか、2022年4月からはコンビニ決済(ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・セイコーマート)にも対応しております。

対面形式のセミナー(対面セミナー・マンツーマン講習)では、それらに加え現金払いも可能で、大半の受講者は現金でお支払いされております。

詳しくは各受講方法のページをご覧ください。

開催日時が決まっているセミナーではキャンセル料が発生する場合があります。詳しくはキャンセルポリシーをご参照ください。

対面形式のセミナーに限り、前日までにご連絡いただければ紙による領収書の発行が可能です。クレジット決済では、決済完了後にお送りする「株式会社マスヤプラスからの領収書」というタイトルのメールがそのまま領収書となります。コンビニ決済では、お支払い時に渡されるレシートが領収書となります。紙の領収書の郵送をご希望であれば都度対応いたしますが、その際の送料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。

メール:info@masuyaplus.com

電話:03-6403-7584

※お電話の場合即時対応ができないケースがございますので、お急ぎでない場合は問い合わせフォームかメールでお願いします。

 当社は規約・ポリシーを遵守します。併せてご確認ください