情報処理技術者試験 即効合格講座

90分(時間調整可) 別途お見積り

情報処理技術者試験で試験に来ない受験者の空席

従業員の資格取得を推奨している企業様に向けた短時間・即効講座

IPA(情報処理推進機構)が主催する情報処理技術者試験は、経済産業省が認定するIT系で最もメジャーな国家資格です。IT企業のみならず、今やあらゆる業界でITや情報処理関連の知識は必須となっており、多くの企業で情報処理技術者試験の取得を推奨しています。

情報処理技術者試験には、ITパスポートや情報セキュリティマネジメントといった基礎的なものからシステム監査・ネットワーク・データベースといったスペシャリストを認定する高度試験まで全部で13の資格が存在します。当講座ではすべての試験区分に共通して実践できるメソッドを余すことなくお伝えいたします。

講師である当社代表取締役(講師情報はこちらは、ITストラテジスト・ソフトウェア開発技術者(現 応用情報技術者)など、すべての受験レベルの資格を保有するいわば情報処理技術者試験のスペシャリストです。長い年月をかけて様々な独自メソッドを開発・実践し、それをセミナーとして昇華させることで多くの受講者を合格へと導いてきました。そのため、ネットやテキスト、他の講座では知ることができない効果的で普遍的な唯一無二の合格術を知ることができます。

当講座は情報処理技術者試験に合格率を高めるための”方法論”を紹介するもので、多くの時間と費用をかけ試験内容に沿って学習する一般的な講座とは一線を画するものです。そのため、まったく試験勉強をせず当講座を受講しただけで合格することは難しいですが、ある程度試験勉強をする前提の方であれば合格率は飛躍的にアップします。

多くのメソッドは情報処理技術者試験以外の試験でも広く実践できますので、他の資格を受験する予定の方にもお勧めできます。資格取得を推奨している企業様はもちろん、国家資格は社員のモチベーションアップや対外的アピールの材料にもなりますので、福利厚生の一環としてぜひこの機会にお申込みください。

セミナーの時間は90分を基本としておりますが、60分~120分の間であれば適宜調整できますのでお気軽にご相談ください。ご依頼があれば個別にお見積りもいたします。

※ お申込みに関しては、よくあるご質問ページの『セミナーの予約・申込について(法人)』をご参照ください。

お問合せ・お見積りはこちら

セミナー概要
■ 情報処理技術者試験の概要
・各試験区分についての解説
■ 試験勉強で使える3つのメソッド
・メソッド1:テキストと過去問の活用術
・メソッド2:午前問題の学習法 ~記憶の定着~
・メソッド3:午後問題の学習法 ~パターン構築~
■ 試験本番で使える4つのメソッド
・メソッド4:午前問題の攻略法① ~計算問題~
・メソッド5:午前問題の攻略法② ~文章問題~
・メソッド6:午後問題の攻略法① ~問題選択のルール~
・メソッド7:午後問題の攻略法② ~解答フロー~
■ 本番でやらかさないための心得
・情報処理技術者試験でありがちな失敗
・万全で望むための下準備
・試験開始10分前の過ごし方

特におすすめの試験区分
■ 基本情報技術者試験
■ 応用情報技術者試験
■ 各種高度試験(登録セキスペなど)
■ 情報セキュリティマネジメント試験

お問合せ・お見積りはこちら