6月25日(木)よりすべてのサービスを再開!情報処理技術者試験合格サポートやマンツーマン講習も随時受付しております(^^)
会社と産業医の関係を説明するビジネスパーソン

『産業医』、意識してますか?

こんにちは!株式会社マスヤプラスの松本です。
 皆さんは仕事に関することで心身に不具合があった場合、まず誰を頼りますか?家族、友人、同僚、カウンセラー・・・色々思い浮かぶと思いますが、意外に認識されていないのが『産業医』です。かく言う私も、会社員時代はあまり意識していませんでした(汗)。当社が提供するセミナー『パワハラ被害脱出メソッド』を監修していただいた精神科医の先生も、仕事が原因で慢性的な心身の不具合が起こった場合、まずは産業医の活用をおすすめしています。ここでは、産業医の活用について超簡潔にお話いたします。

とりあえず『産業医』って何?

 産業医とは、50人以上の事業規模で設置が義務付けられている会社に嘱託あるいは専属する医師で、従業員が心身共に健康な状態で仕事が行えるよう専門的な立場から指導や助言を行います。あくまで事業単位ですので、物理的に離れた場所に複数の事業が存在する場合はその場所ごとに設置されることになります。比較的オールマイティな内科医が請負うことが多いですが、近年はメンタルの相談が非常に多いため精神科医の割合も多くなっています。

産業医のメリット

 身体的な異常の場合は、即時対応が必要であるため直接専門の医師にかかる場合がほとんどですが、精神的な問題でお悩み場合、メンタルクリニック(精神科)やカウンセリングに行くことにためらいを感じてひたすら我慢している人も少なくないようです。そこで出番なのが産業医です。産業医を活用するメリットはいくつかありますが代表的なのは以下の3つでしょう。

① 医者の立場として会社に配置転換などを提言できる

 私は仕事柄、パワハラを受けたビジネスパーソンとお話する機会が多いのですが、そこでよく聞くのが(平穏な会社生活を続けたいので)直接異動願いを出したり内部告発したりすることまではできないということです。親身になって真剣に対応してくれて人事に影響力のある社員なんて限られている…と言いますか、大抵いないです。しかし、戯れ言と軽く流しがちな人事担当や経営層も、産業医から第三者的な立場で指摘された場合そうは行きませんので何かしら動いてくれる可能性は高いです。精神的な苦痛の具体的な原因と希望する対処法を産業医にしっかり伝えることでその効果はさらに高まります。

② 会社の内情を理解していることが多い

 産業医はその会社に所属する医師ですので、当然その会社の概況や組織構成、業務内容等はある程度理解しています。ベテランの産業医ですと、個人レベルの相談を数多く受けており細かい人間関係まで把握しているケースもあります。もちろん、顧問料目当てのやる気のない産業医や経営層の意見だけを鵜呑みにしてしまう産業医もごく一部存在しますが、そもそも産業医になる医師はCSRや従業員ファーストの意識が高いので、会社の実情と絡めて真剣に相談に乗ってくれる方が圧倒的に多いです。

③ 費用がかからない

 そもそも、費用の有無を基準に産業医を利用する人は少ないと思いますのでこれはおまけみたいな理由ですが、当然費用がかからないことに越したことはありません。外部で一般のカウセリングを受けた場合、保険診療にならず数千円の高額な費用になることも少なくありませんので、費用を気にせず相談できることも産業医を利用するひとつのきっかけになります。

産業医に相談する際の留意点

① 診療はできない

 産業医は医師ですが、制度上、その場で診療はできません。相談や助言に留まることを意識し、根本解決を過度に期待するのは禁物です。”一時的な避難場所”と捉え、その先に専門医の受診を検討することがベストです。相談された産業医も、医者としての観点からこの先どうするべきかを具体的にアドバイスしてくれるはずです。

② 相談自体を会社に知られたくない場合

 お願いすれば匿名での相談もできますが、産業医は会社への報告義務がありますので、匿名と言えど相談したこと自体を会社に知られたくない場合は適さないかもしれません。匿名で相談しても、性格の悪い担当者は誰が相談したのかあれこれと詮索する可能性もなくはないので、ゼロリスクで解決に臨みたい場合は直接メンタルクリニックを受診するという選択肢も頭に入れておく必要があります。

まとめ

 冒頭でもお話したように、50人以上の従業員がいれば産業医は必ず設置されているので、極度のブラック企業ではない限り、会社は担当医師とその連絡先を何かしらの形で公示しています。今は心身共に健康でも、とりあえずうちの会社にはどんな産業医がいるんだべ?と、一度確認されるのも良いかもしれません。

パワハラから身を守ろうとするビジネスウーマン

パワハラ被害脱出メソッド
パワハラを受けたビジネスパーソンの精神的苦痛の解消・軽減をサポートする日本で唯一のセミナー『パワハラ被害脱出メソッド~その苦痛を未来への力に変える!6つの秘策~』

情報処理技術者試験の受験票とパワハラを解消した男性

マンツーマン講習
特定の時間に合わせられないビジネスパーソン向けに、情報処理技術者試験即効合格術やパワハラ被害脱出メソッドなど、個人向けの集合セミナーを好きな時間に受講できる1対1のサービス『マンツーマン講習』